那須塩原ホテル「カスケイドコンサート」の話題を中心に。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第74回の演奏
ソチオリンピック、あっという間の2週間でした。 深夜のテレビが寂しく感じますね。
数々の感動シーンを見せてもらい、選手の皆さんにありがとうと伝えたいです
早くも次の大会に向かった選手の方々、これからも頑張ってください!

23日(日)の カスケイドコンサート は、 今井万里子さん 岩下美穂さん のマリンバ&パーカッションと 村木ゆかりさん のピアノで、クラシックから歌謡曲、アニメ音楽まで幅広い世代の方に楽しんでいただけるプログラムでした。

20140223.jpg
右から今井万里子さん、村木ゆかりさん、岩下美穂さん

オリンピックに合わせて、1972年の札幌オリンピックのテーマ曲 「虹と雪のバラード」 と、浅田真央選手のショートプログラム曲、ショパンの 「ノクターン第2番」 も
「ノクターン」 を聞いて、氷上の真央ちゃんを思い浮かべたお客様も多かったことと思います。
フィギュアスケートは曲とスケーティングが見事に結び付いてますから、名スケーターと同じ曲を使うのはプレッシャーなのだそうです。 それでも多用される曲があるということは、この曲で滑りたい!と思わせる魅力があるのでしょうね。

ここ数年、アストル・ピアソラの曲を使う選手が多くなりました。
ソチでも、エキシビションでアデリナ・ソトニコワ選手は 「オブリビオン」、髙橋大輔選手は 「ブエノスアイレスの春」 を。 キム・ヨナ選手のフリープログラムは 「アディオス・ノニーノ」 でした。
鈴木明子選手も、かつてエキシビションで 「リベルタンゴ」 を使われてましたね。
そんなピアソラの 「アヴェ・マリア」 をご存知でしょうか?
静かで美しいメロディーに引き込まれますよ。
23日の演奏から、この曲をご紹介します。
途中、マリンバの鍵盤を弓で弾くところがあります。 どんな音がするのかお楽しみに
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 音降るブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。