那須塩原ホテル「カスケイドコンサート」の話題を中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第76回の演奏
待ちに待った桜の季節がやってまいりました
東京でも25日に開花が発表され、満開を待ちきれない人々が早くもお花見を始めているようです。

さて、季節は春へと移っていますが、先月の冬季オリンピックはまだ記憶に新しいところ。
23日(日)の カスケイドコンサート でも、ソチオリンピックの余韻に浸る曲が演奏されました。
その中から、ロシア民謡の 「黒い瞳」 をご紹介します。


MINAMI & MIKI」 のお二人は、とにかく多才。
作曲、編曲のほか、様々な楽器を自由自在に操ります。
この日も、マルチリード奏者のMINAMIさん は、オーボエ、サックス、ファゴット、フルートを吹きこなし、マルチ鍵盤奏者のMIKIさん は、ピアノを弾きながら足に付けた鈴を鳴らしたり、鍵盤ハーモニカを弾いたり、実に器用に楽しそうに演奏なさるんです。 それはもう見事
お客様から 「ブラボー!!」 の声が掛かるのも納得ですね

20140323.jpg
  終演後のMIKIさん(左)とMINAMIさん(右)


次回のカスケイドコンサートは、4月6日(日) です。
出演は、サックスとピアノのロマンティックサウンド 「デュオ ルクレール」 のお二人。
この時期限定で演奏するオリジナル曲 「SAKURA、舞う」 があるそうですが、ちょうど塩原温泉郷辺りに桜前線が達している頃でしょうね
スポンサーサイト
第75回の演奏
沈丁花の花が咲き、ふくよかな香りを辺り一面に漂わせています。
春ですねぇ。
とはいえ暖かい日は続かず、嵐になったり冬に逆戻りしたり天候が落ち着きません。
皆様、この時期の体調管理には、くれぐれもお気をつけくださいね。

さて、9日(日)の カスケイドコンサート は、以前お客様から 「ナイスガイのピアノとベースをバックに、クラシック香るフルーティストのジャズがとても良い感じ」 と評されたトリオでした。

稲見郁恵さん(FL.)、櫻井智則さん(Pf.)、栗田俊宏さん(Ba.)のトリオは3度目のご出演。
軽快なボサノバから始まり、最後はお客様にシェイカーを振って演奏に参加していただきました。

プログラム全曲が終わると、あちこちからアンコール!の声。
栗田さんの 「声が掛からなくてもやろうと思ってました!」 に、皆さん爆笑です
会場はアットホームな雰囲気に包まれ、終演後は出演者とお客様が話をしたり一緒に写真を撮ったりなさっていました。
20140309.jpg
左から櫻井智則さん、稲見郁恵さん、栗田俊宏さん

あと2週間もすると、待ちに待った桜が花開きます
見事な桜を思い浮かべながら、一足先に日本古謡 「さくらさくら」 のジャズアレンジをお楽しみください。
Copyright © 2017 音降るブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。