那須塩原ホテル「カスケイドコンサート」の話題を中心に。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第50回の演奏
いつの間にか初夏らしい陽気が当たり前になりましたね。

塩原温泉郷内の妙雲寺では、3,000株の ぼたん が見頃を迎えています。
那須塩原ホテル から歩いて20分足らずの所にありますので、新緑の美しい初夏の散策にぴったり。
色、大きさ、形ともに豪華な ぼたん の花は私も大好きです。
この時期ならではの ぼたん の花を、どうぞお見逃しなく

さて、11日(土)の カスケイドコンサート の模様をお伝えします。
この日の出演は、オーボエ&ピアノデュオ 「MINAMI&MIKI」 のお二人。
マルチリード奏者のMINAMIさんは、オーボエ、イングリッシュホルン、サックスを自在に吹きこなし、一方のMIKIさんもピアノだけでなく、左手でピアノ、右手でピアニカを弾いたかと思えば、小さなグロッケン(鉄琴)を鳴らして音楽にアクセントを付けるなど、見事な演奏で楽しませてくれました。
演奏の合間にはMINAMIさんが、1息でずーっと吹きっぱなしという “循環呼吸” なる実演をしてくれまして。
これは口から息を吐いている間に鼻から息を吸い、息継ぎの無音時間がない奏法なんです。
吹き始めから1分くらいで客席から 「ほぉー!」 の声と拍手が沸き、音の途切れがないままMINAMIさんは客席のほうへ歩いて行きました。ゆうに2分経った頃にようやく1息の終わりです。
練習すれば習得できるそうですが、誰でも出来るものなのでしょうか?

では、ロドリーゴ作曲「アランフェス協奏曲」 ~ チック・コリア作曲「スペイン」をどうぞ。


25日(土)のコンサートは、サックス、ピアノ、キーボードを演奏する20代前半の 櫻井智則さん と、ベテランピアニスト&キーボーティストの 渡辺真理さん の出演です。

梅雨入り前の行楽シーズン、昼は ぼたんまつり、夜はジャズの生演奏でお楽しみください
スポンサーサイト
第49回の演奏
4月21日(日)の カスケイドコンサート は、久しぶりのジャズの日
鶴見美和さん(クラリネット)、鈴木芳博さん(ギター)、渡辺真理さん(ピアノ)は、ジャズのまち・宇都宮で活躍中のミュージシャンです。
1曲ご紹介しますね。 「ス・ワンダフル」(なんて素敵な)


「’S Wonderful」 と書いて 「ス・ワンダフル」。
「It's Wonderful」 のことですが、この曲が作られた1927年頃は 「It's ~」 の 「It」 を省略する言い方が流行っていたんですって。
作曲者はジョージ・ガーシュウィン。 「ラプソディ・イン・ブルー」 や 「アイ・ガット・リズム」 でお馴染みですよね。
軽快で心地良いメロディです。

さて、明日から連休後半
塩原温泉郷にある 「湯っ歩の里」(ゆっぽのさと) と 「箱の森プレイパーク」 では色々なイベントが開催されるようですよ。
塩原渓谷の清らかな流れや、那須塩原ホテル から一望できる新緑に包まれた山々も見逃せません
明日からの4連休は、塩原温泉郷で存分にお楽しみくださいませ。
Copyright © 2017 音降るブログ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。